泉佐野ルーテル保育園 rect rect
給食

給食

ルーテル保育園では、毎日自園で給食を作っています。
材料はその日の献立で使う分だけ納品してもらい毎日新鮮でおいしい食材を使っています。
そして、肉や魚や野菜などは国産を使っており、野菜や果物に関しては主に地元でとれたて旬のものを使っています。

子ども達は自分達が育った地でとれた食材を食べて元気いっぱいすくすくと成長しています。

地産地消を通じて、子ども達の「食」に対する関心を育み、食育にも努めています。
また、食物アレルギーの献立にも対応しています。
野菜なども好き嫌いなく毎日残食もありませんよ。
野菜作りやクッキングも楽しみです。


食育
食育とは、健康な生活の基本としての「食を営む力」の育成に向け、保育園での生活を通してその基礎を培い、食生活の大切さ、人が生きていく上での毎日の栄養に関心を持つことを目標としています。食に関わる体験を積み、楽しく食べるこどもに成長していくことを期待し、食べ物の大切さ、それに関わる人々への感謝が育まれるよう、様々な取り組みを行います。
下記の取り組みの他にも、野菜栽培、お芋堀りやお店屋さんごっこなど食べ物に関わる行事を行います。

食べ物の絵が描かれているマグネットを使い、楽しく学ぶ中で自分に必要な食物の種類や働きを知り、栄養の知識を深めます。
自分達で野菜を切り、食材に直接触れることで料理を作る楽しさと、作る人への関心、感謝の気持ちを持つなど様々なことを感じ取ります。
給食の時間は調理師、栄養士がこども達と一緒に食べ、食べ方や食欲などの様子を見たり、好き嫌いな物はあるか毎日嗜好調査を行っています。給食は苦手な食べ物は小さく切ったり、味付けを変えたり工夫しています。
園庭で野菜を栽培し、それを給食に取り入れることで、自然の恵みに気付き、収穫の喜びを知ります。